2013/12/09

2014年1月の講習会のお知らせ


今年も本当にいろいろな、天候、環境の変化もさることながら、わたし自分自身も体調や精神面で変化がありました。皆様はいかがだったでしょうか?。まだまだ実感のない年の瀬ですが、来年の講習会のご案内です。



「ゆったりのんびり作る彩りレシピ」講習会
一年のうちで最も寒い1月2月。行動も気持ちもおっくうになりがちになるのはワタシだけではないですよね?。そんなときは気負わず、のんびりと、作ることを楽しむお料理を作りましょう。具材の準備は超簡単!な野菜ののり巻きを作ります。ご飯と具のバランスの黄金律を知れば、今年の恵方巻きはご自分で作れますよ!。身体の温まる大根のポタージュスープを合わせていだだきます。

【予定メニュー】
五目野菜の玄米のり巻き
大根のポタージュスープ
春雨と彩り野菜のミルフィーユサラダ
柚子プリン又は柚子金玉


【日 時】2014年1月15日(水)11:00〜14:30
     2014年1月19日(日)11:00〜14:30
     2014年1月26日(水)11:00〜14:30

【料金】 3、500円


【お申し込み/各回】
お申し込みお問い合わせはlesson@taberukoto.comまで。
お申し込み締め切りを開催日の3日前までとさせていただきます。
2名様からの開催とさせていただきます。
持ち物、開催場所など詳しくは、CATEGORYカテゴリーをクリックしオモウシコミをご覧下さい。
また、レッスンサイトも合わせてご参照ください。
タベルコトの講習会の様子や、日々の雑記を記したタベルコトnote2もアップしています。

何時もタベルコトのnote1ブログをご覧いただきありがとうございます。


2013/10/29

11月の講習会のお知らせ



この間、ご近所からさつま芋、また別のご近所からは柿をいただきました。
いただくとどうやって食べようかというのを考えるのが楽しいです。
秋の味覚が出そろいましたね。少し冬の気配を感じるこのごろですが、
まだのこる秋を楽しみたいものです。
大幅に告知が遅くなり申訳ありませんでしたが、11月の講習会のご案内を致します。




.「玄米ご飯を炊いてみる」講習会
秋は新米も出ておいしいご飯が気になる季節です!。白米でないご飯、分つき米や玄米も健康を意識して食事に取り入れている方も少しずつ増えてきているようです。炊飯器も今はものすごく進化して、そのお米の品種に寄って炊き分けることが出来たり・・・。すごいですね。思えば、ヤッパリ日本人はお米、ご飯が好きなんだと思います。その玄米ご飯を、ガス火を使いお家にある土鍋で炊く炊き方をお伝えします。あわせて、基本の昆布と椎茸だしの取り方、かつおだしの取り方も学びます。


【予定メニュー】
・土鍋で炊く玄米
・昆布と椎茸だしのみそ汁(出しの風味を味わう)
・つくだ煮(だしを取った後の昆布と椎茸の利用法)
青菜又は青物野菜お浸し
ベジミートの唐揚げ(こちらで作った物をお出しします)

【日 時】2013年11月16日(土)11:0〜14:30
【料 金】3000円 


.「秋野菜の王様、かぼちゃでホッコリ甘いレシピ!」講習会
9月に入るととたんに、街はオレンジ色の装飾が目立ちます。そう、ハロウインカボチャ。夏に収穫されたかぼちゃは、これからの季節に甘く、美味しくなってきます。寒さで体調を崩しやすいコレからの季節に必要な様々なビタミンが含まれ、冬至にカボチャを食べるのもなるほど!とうなることうけあい!。
12月のパーティーメニューに使えて、手軽にできるレシピをご紹介します。


【予定メニュー】
かぼちゃの玄米ライスグラタン、ダブルソース
かぼちゃと大豆そぼろ肉のスープ
かぼちゃと冬野菜のもちきびドレッシング和え
カボチャの小豆カラメルプディング


【日 時】11月17日(日)11:00〜14:00
     11月24日(日)15:00〜18:30 →11:00〜14:30
     11月27日(水)11:00〜14:30
ご都合のいい日をお選びください。時間帯が変わりますのでご注意ください。
 24日は早めの夕食のを取る感じで、18:30以降もくつろいでいただけます。


※24日は午前中からキッチンの予約が入れられました。急遽時間を11:00からに変更させていただきます。(2013年11月15日現在)


【料金】3、500円


【お申し込み/各回】
お申し込みお問い合わせはlesson@taberukoto.comまで。
お申し込み締め切りを開催日の3日前までとさせていただきます。
2名様からの開催とさせていただきます。
持ち物、開催場所など詳しくは、CATEGORYカテゴリーをクリックしオモウシコミをご覧下さい。
また、レッスンサイトも合わせてご参照ください。


何時もタベルコトのnote1ブログをご覧いただきありがとうございます。

2013/09/22

2013年10月の講習会のお知らせ


そこかしこに彼岸花も咲いて、すっかり秋の日和になってきました。
連休も2回あった9月。砧キッチンの借りる関係もあり、わたしシオダも
すこし身体を調整する月にしました。来月10月の講習会のご案内を致します。


.「食べてお腹を整える・秋のぬかどこワーク」講習会

夏に向かう前の5月に開催した「ぬかどこワーク」。冬になる前の今の季節も
ベストシーズンと言えます。野菜本来のビタミンがぬかに漬ける事で10倍になり、
乳酸菌、酵母、食物繊維が豊富に取れる、まさに日本のマルチサプリメントです。
食べればお通じだけでなく、身体の調子もととのう事間違いなし!。
今回も手軽に漬けられるサイズのヌカドコを作り、漬け物だけでなく、
アレンジしたレシピもご紹介します。

【予定メニュー】
ヌカドコ(約1Kgを作り、下漬け野菜を加えて一番床を作ります)
米ぬかクッキー(各自12〜14個)
ぬか漬けカナッペソース+バケットパン
イロイロぬか漬け試食


【日 時】2013年10月6日(日)11:00〜13:30
     2013年10月12日(土)13:30〜16:00 
                  →11:00〜13:30
ご都合のいい日をお選びください。時間帯が変わりますのでご注意ください。
※12日も11:00からの開催になりました。時間は少し押す場合があります。


【料金】3、500円
タッパーなどご自分の容器をお持ちの方は100円引き致します。
 1.5L〜2L容量のものが適量です。ご質問があれば下記メールまで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


.「少しずつ冬支度・身体を温める根菜使い」講習会

洋服も半袖から、長袖になり、セーターと徐々に冬服になるように、
食べる物で身体を冬向きにできる根菜のレシピをご紹介します。
根菜は身体を温めると言うけどどうして?、どんな根菜を使ったらいいの?
という疑問を、陰陽の考え方と、体験でわかりやすくお伝えします。
これからおいしい根菜のおいしさを作って食べてみませんか?

【予定メニュー】
根菜たっぷりこづゆ
根菜と昆布のおこわ
ざっくり蓮根ときのこの洋風きんぴら
さつま芋と柿のマリネ、白玉団子添え


※こづゆ:根菜やお麩を加えた会津の郷土料理。根菜たっぷりにして作ります。


【日 時】10月27日(日)11:00〜14:00
     10月30日(水)11:00〜14:00
ご都合のいい日をお選びください。

【料金】3、500円


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【お申し込み/各回】
お申し込みお問い合わせは、lesson@taberukoto.com まで。
お申し込み締め切りを開催日の3日前までとさせていただきます。
2名様からの開催とさせていただきます。
持ち物、開催場所など詳しくは、オモウシコミをご覧下さい。
また、レッスンサイトも合わせてご参照ください。

何時もタベルコトのnote1ブログをご覧いただきありがとうございます。
講習会の雑感、日々の出来事を書いたタベルコトnote2も合わせてご覧下さい。

2013/06/24

夏越しの大祓へ行きます

以前大宮八幡宮に行ったときの七夕飾りの様子です。


一部ではこくちしていましたが、ブログでも言っちゃおう!。ということで、
レッスン、ワークショップではないのですが、おでかけ計画をしていますのでこちらのご案内。

6月30日、今年も半分が過ぎたこの日、夏越しの大祓が各地の神社で行われます。
一年の折り返し地点にこの半年の間に知らず知らずについた穢れをはらうという神事です。
以前、伊勢の二見興玉神社で体験したことがありますが、今年は出雲、伊勢の遷宮があり、節目のとしになりますし、メビウス=8の字にまわること、陰と陽、プラスとマイナスの間に立つことでゼロの状態にするということです。
杉並区にある、東京のへそ、大宮八幡宮で開催の夏越しの大祓にでかけます。
7月には七夕神事のある雅な神社です。4時から神事に先立って待ち合わせをして参拝予定です。
ご興味ある方は、ご一緒に参加しませんか?。

<大宮八幡宮>最寄り駅:京王井の頭線 西永福町駅徒歩7分

<ご連絡・お問い合わせ>m.shioda@taberukoto.com


2013/06/21

スイーツBasic1コースのお申し込みを開始します



昨年からはじめたスイーツコースBasic1を今年も開催します。内容は昨年と同様となります。
乳製品や卵、上白糖を使わずにマクロビオティックの考え方を取り入れながら作るスイーツです。
スイーツ作りは難しそうという方にも、いままであまりお料理やお菓子をつくらないのでじっくり学びたいという方にも、大勢で作るレッスンだと途中のプロセスが分からなくなるという方にも少人数で、各自が材料を計る所から完成までを行うスイーツ教室です。

【開講日】
今回は、月末の土日と合わせて、月末平日(水曜日)にも開催します。
第一回目は、8月24日(日)、8月21日(水)となります。
基本は月末の土曜日又は日曜日。月末水曜日とさせていただきます。
土日コース、平日コースどちらかでお選びいただきお申し込みください。
時間は10:00〜14:00としていますが、ずれ込むことがあります。
また、キッチンの予約の関係で、午後からのレッスンの場合もあります。

【お問い合わせ、お申込み】
申込締め切り:各コースとも7月31日まで
各2名以上からの開催とさせていただきます。レッスン仲間がいた方が楽しく学べ、広がりも出来ます。
lesson@taberukoto.comまでお気軽にお問い合わせください。

【内 容】
 詳しくは、http://lesson.taberukoto.com/lesson/sweets.html をご覧ください。


みなさまと、スイーツレッスンできるのを楽しみにしています。
作ること、たべること、の楽しさをご一緒にしませんか?。

2013/06/19

夏のベジカレー連続講座のお知らせ



夏に食べたくなるカレー、暑い時にはぴったりの食べ物です。熱さを調整する食材を使って、お肉や動物性食材を使わずにベジカレーとそれにあうお惣菜を作ります。少しスパイシー、ちょっぴり和風なテイストで3回連続(各回お申し込み)で開催します。キッチンの予約の関係で午後からのレッスンとなりました。少し早めの夕食をいただく感じでいらしてください。

【第一回】
 7月19日(金) 11:00〜14:00
 7月21日(日) 15:00〜18:00

【内 容】
・大根とツナのカレー
・クミン風味の春雨サラダ
・玄米と雑穀のご飯
デザートつき

【第二回】
 8月10日(土) 15:00〜18:00
      変更  11:00〜14:00

【内 容】
・青菜と豆腐チーズのカレー
ジャガイモのサブジ(カレー風味のサッと煮)
・シンンプルナン
デザートつき

【第三回】
 8月18日(日) 15:00〜18:00 
【内 容】
・レンズ豆のカレー
ベジミート入りサモサ(インド風揚げ餃子)
・玄米ターメリックライス
デザートつき

【料 金】3、500円(各回)
 各回材料の調達よりメニューが変わる場合があります。

【お申し込み/各回】
お申し込みお問い合わせはlesson@taberukoto.comまで。
今回は、お申し込み締め切りを開催日の5日前までとさせていただきます。
持ち物、開催場所など詳しくは、オモウシコミをご覧下さい。
また、レッスンサイト http://lesson.taberukoto.comも合わせてご参照ください。

2013/04/25

やさいを切るレッスン(3回連続講座)の開催日変更のお知らせ



 5月の4日から開催告知していました、【やさいを切るレッスン】ですが、
ゴールデンウィーク中ということもあり、日曜日コースは6/2日からの開催に変更させていただきました。
お休みですもんね、こういうときは自然の中を散策したり、お出かけしたりがたのしい。
リフレッシュするのにいい季節。ワタシも参加してみようかな、という集まりが出かけてみようと思っています。

ただいまお一人様、日曜日コースで6/2からであればという方のお問い合わせがあります。
皆様からのお問いあわせ、ご質問、お申し込みも受け付けています。
日曜日コースの締め切り日も変更させていただきました。下記詳細をご覧下さい。

【内 容】
第一回
1乱切り:ベジミートの酢豚風。
2細切り:キュウリと茹で干し大根のクラゲサラダ風
3みじん切り:トウモロコシと玉ねぎのスープ
第二回
1輪切り:なすのミートソーススパゲティー
2ざく切り:キャベツと揚げのゴマソース
3短冊切り:大根とねぎのスープ

第三回
1さいの目:大根のツナカレー
2ささがき:ゴボウのサラダ
3いちょう切り:人参のスープ

各回ごはん、パスタなど付きますが、調理は3品となります。
作りやすい2人分レシピでレクチャーします。

【料 金】10500円(各回ごとのお支払い3500円)
【時 間】11:00〜14:00

【進行方法】
切り方の説明をし、調理をしながら手順やレシピのポイントなどをお伝えします。調味料などは計量しながら作業していただきます。お料理に慣れていない方にもゆっくりと、ポイントを押さえつつ進行します。頭よりも手で覚えることを重視しています。動いて味わって、体験するを重視しています。
メニューはその時の仕入れ状況で変わる場合もあります。予めご了承ください。

【開催日】
A)月の第一週の土日曜日コース
6/2(日)、6/9(日)、7月第一週の土日どちらか

B)月末週の水曜日コース
5/29(水)、6/12(水)、6/26(水)

【お申し込み】
 A土日曜日コース 5月19日締め切り
B水曜日コース  5月15日締め切り
みなさんに沢山野菜を切っていただきたいために申込人数が各コース3人以上集まった場合にのみ開催させていただきます。定員に達しない場合は中止とさせていただきます。
お申し込みの際にはお申し込みは3回ともご参加いただくことが前提となります。
締め切りを開催日の2週間前に設定しています。中止になった場合お申し込みくださった方に、
ぎりぎりのお返事では申し訳ないとの判断からです。ご理解ご了承の程お願い致します。

お申し込みお問い合わせはlesson@taberukoto.comまで
持ち物、開催場所など詳しくは、オモウシコミをご覧下さい。
また、レッスンサイト http://lesson.taberukoto.comも合わせてご参照ください

2013/04/10

やさいを切るレッスン(3回連続講座)ご案内


野菜の切り方って、まあいいやこんな感じ、で済ませてしまいがちですが、ささっと出来ると調理時間も早く成るし、料理が楽しくなります。料理人のように厳しくではなく、日常のお料理のレベルで、野菜の切り方を学びながら、その切り方を使ったお料理を作ります。

【内 容】
第一回
1乱切り:ベジミートの酢豚風。
2細切り:キュウリと茹で干し大根のクラゲサラダ風
3みじん切り:トウモロコシと玉ねぎのスープ

第二回
1輪切り:なすのミートソーススパゲティー
2ざく切り:キャベツと揚げのゴマソース
3短冊切り:大根とねぎのスープ

第三回
1さいの目:大根のツナカレー
2ささがき:ゴボウのサラダ
3いちょう切り:人参のスープ

各回ごはん、パスタなど付きますが、調理は3品となります。
作りやすい2人分レシピでレクチャーします。

【料 金】10500円(各回ごとのお支払い3500円)

【時 間】11:00〜14:00

【進行方法】
切り方の説明をし、調理をしながら手順やレシピのポイントなどをお伝えします。調味料などは計量しながら作業していただきます。お料理に慣れていない方にもゆっくりと、ポイントを押さえつつ進行します。頭よりも手で覚えることを重視しています。動いて味わって、体験するを重視しています。
メニューはその時の仕入れ状況で変わる場合もあります。予めご了承ください。

【開催日】
A)月の第一週の土日曜日コース
5/4(土)、6/2(日)、6/9(日)

B)月末週の水曜日コース
5/29(水)、6/12(水)、6/26(水)

【お申し込み】
A土日曜日コース 4月24日締め切り
B水曜日コース  5月15日締め切り
みなさんに沢山野菜を切っていただきたいために申込人数が各コース3人以上集まった場合にのみ開催させていただきます。定員に達しない場合は中止とさせていただきます。
お申し込みの際にはお申し込みは3回ともご参加いただくことが前提となります。
5/4の回はゴールデンウィークに入る為、6/2に振り替えて7月の第一週に持ち越しも検討中です。参加申込いただいた方のスケジュールも出来るだけ考慮に入れて進行させていただきます。

お申し込み、お問い合わせはlesson@taberukoto.comまで
持ち物、開催場所など詳しくはオモウシコミをご覧下さい。
また、レッスンサイトhttp://lesson.taberukoto.comも合わせてご参照ください。


4月・5月ののショートレッスンのご案内



「夏みかんジャムを作る」講習会
柑橘系のフルーツが盛りです。この季節になると毎年作る夏みかんや甘夏みかんで作るママレードをご紹介します。ちょっとしたコツが分かれば数時間でおいしいママレードが出来ますよ。パンに付けるだけじゃない活用をさぐりながら、スイーツを作っていただきます。

【予定メニュー】
夏みかんのママレード(各自お持ち帰り200g前後)
甘夏みかんママレードのフライパンケーキ
甘夏みかんママレードのゼリー

【日 時】2013年4月21日(日)13:30〜16:00
     2013年4月24日(水)10:30〜13:00

【料金】3、000円
お子様とご一緒の場合は追加料金お子様お一人300円とさせて頂きます。
※ご自宅にある保存瓶などがありましたら、お持ちください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「0から始めるぬかどこワーク」
日本で一番身近な漬け物であるぬか漬け。我が家もずぅ〜っと瓶にぬかどこががり、聞くと父方のおばあさん=祖母から母が受け継いだものだという。はて?じゃあ最初のぬかどこはどうしたのか?。今スーパー等でも様々なタイプのぬかどこがあります。もう野菜を漬け込むだけのもの、塩の混ざった炒りぬか、鷹の爪や色を良くする為の添加物が入ったもの。シンプルに米ぬかから作るぬかどこを作ってみましょう。これ!という一つのレシピでつくるのではなく、様々あるレシピを検討しながら各自で思い思いのぬかどこを作ってみます。

【内 容】
・ぬかどこ作り(各自1Kg前後の容量のタッパー容器に作っていきます)
・たべるぬかでクッキー作り
シンプルケーキでお茶会(スイーツとお茶をご用意します)

【日 時】2013年5月19日(日)13:30〜16:00

【料 金】3、000円
※お手持ちのタッパー容器、ほうろう容器等がありましたらお持ちください。
(サイズの目安:19cm×13cm×高さ7cm のタッパーで1.3Kgの容量です)

【お申し込み】各回共通
持ち物、開催場所など詳しくは、オモウシコミをご覧下さい。
また、レッスンサイトも合わせてご参照下さい。


2013年04月16日追記:
当初、各回の保存瓶、タッパー容器もこちらでご用意の予定でしたが、新年度のせいか、在庫が急に無くなったりで、直前の確保が難しい様子になり、ご持参いただくことにしました。その分スイーツ、ぬかどこ野菜などを多めにご用意します。

今後のタベルコトの料理講習会の予定



毎月ごとに単発クラスで開催していました講習会ですが、
今年はテーマを設けて数回の連続講習とさせていただくことにしました。
昨年初めて連続講習でスイーツBasicコースを始めて、じっくりと一つのテーマでのほうが、
修得していただく幅も広がるなぁと感じました。受講していただく方とワタシ塩田とで一緒に動いて、体験しながら作る、レッスンを考えています。


今後開催予定、検討中のテーマ
・やさいを切るレッスン(連続3回)5月から開催予定
・夏のベジカレー3種作り(連続3回)7〜8月に予定。日程が取れ次第告知致します。
・冬のスープと基本の惣菜(連続3回)9〜10月頃
・スイーツBasic2(連続5回)4月末から開催決定 
・スイーツBasic1(連続5回)8月末から開催予定 詳細はこちらをご参考ください


今年はこのテーマを柱に開催します。
 合間にショートレッスンなどは開催する予定です。

2013/02/07

手作り梅干し食べくらべ会のおしらせ



Taberukoto主催・手作り保存食交流会 第一弾
手作り梅干し食べくらべ会
開 催 要 項

最近、手作りで保存食作りを楽しんでいる方が増えています。梅干し、味噌、漬け物、乾物、など日本には身近な保存食が豊富です。作った保存食を品評会のようにして味わい、作り方や食べ方等の情報交換を目的とした交流会を開きます。
保存食を作っている方、これから作ってみようと思っている方々とひと時、食べ物談義をして楽しみませんか?。今回は、手作り梅干しをテーマに開催します。

【内 容】
・参加者の漬けた梅干しを持参いただき、その食べ比べと情報交換会。
・梅干しとそれに付随する副産物(ゆかり、梅酢など)と、そのシーズンに梅を使っ
 た手作り保存食も可能です。
・2012年度に作った梅干し、梅保存食。又はそれ以前の年のものでも可。
・参加申込の方は、参加フォームにご記入いただき、当日の交流資料とさせていただきます。
参加者様の梅について(作り方、こだわりなど)を伺ったあと、各参加者様の持参した梅保
存食と、主催者の用意したご飯、惣菜、お茶をいただきます。

【対象者】
・手作りで梅干しを作っている方。
・梅を使った保存食を作っている方。
梅を使った保存食をこれから作ってみたいと思っている方、興味のある方

【持参いただく量の目安】
・梅干しなら、参加人数分4〜5個前後、副産物は随意お任せ
・それ以外の梅保存食の場合、随意お任せします。
閉め切り次第参加人数を各員にご連絡します。

【日にち】2013年3月17日(日)
【時 間】11:00〜午後2時位まで 決定次第順次 告知

【申込締め切り】開催日の5日前まで

【場 所】砧総合支所区民集会所4F料理講習室
     世田谷区成城 
【参加費】軽食代、資料代として1000円を頂戴致します。(当日徴収)
 梅保存食をご持参の方は、500円とします。

【申込方法】
当開催要項にリンクされたフォームにご記入・送信いただき
お申し込みとさせていただきます。
お申し込み締め切りは12日(火)とさせていただきます。
※内容に関するお問い合わせ、ご質問はm.shioda@taberuoto.comまでお願いします。

【主 催】Food PlannigTaberukoto  塩田マサヨ

申込フォームはこちらから

2013年2月6日 第一版